WinPS4

「TERA」12月12日に生活コンテンツ「釣り」追加を含む次期アップデート実施決定

株式会社ゲームオンは、同社が運営を行う3DファンタジーMMORPG「TERA The Exiled Realm of Arborea」について、2018年12月12日(水)に、生活コンテンツ「釣り」の追加を含む次期アップデートを実施すると発表した。


12月12日実施予定の次期アップデートの概要は以下の通り。

生活コンテンツ「釣り」追加

釣り場で、餌をセットして釣り竿を使うことで「釣り」を行うことができる。
ヒットしたら、うまく引き寄せて獲物を釣り上げよう。
釣り上げると同時に「釣果証」も獲得することができる。
なお、釣れる獲物は上位ランクほど捕獲難易度が高くなる。

釣った獲物は、釣り納品商人に売ってお金を稼いだり、分解で魚の切り身に捌いて調理することができる。
※釣った魚は「使用期限」がある。





製作・採集リニューアル

■生産力回復基準の変更と主力製作アイテムのコスト緩和
今まで5分に5回復していた生産力が、ログイン時は5分で15、非ログイン時には20分に15に変更。また「アルボレア金晶石」などの消費生産力が減少され、製作のメインとなる強化素材の製作コストが緩和される。


■製作項目変更
消費アイテム製作・武器製作・防具製作・魔法刻印書製作の4項目を、錬金・精鍛・加工・刻印・調理の5項目に変更。


■製作書及び製作アイテム一新
新たに調理や納品用魚パッケージIの製作を追加し、ラピットポーションや添加剤など、今まで製作できなかったアイテムが製作可能になる。
もう使用しない製作書の多くが削除され、ラインナップが一新される。


■採集物の変更
採集で獲得できるアイテムがすべて変更され、製作で使用できる新たなアイテムとなる。
また、採集効率を上げるアイテムも新たに追加。



詳細に関しては公式サイトに掲載されているので、プレイヤーの方はそちらにも目を通した上で、12月12日のアップデートを楽しみに待っていて頂きたい-。


Copyright (c) Bluehole Studio Inc. All rights reserved. Copyright (c) GameOn Co., Ltd. All rights reserved.