WinPS4XOneSwitch

「Warframe」PS4とXbox Oneにアップデート「REVENANTの仮面」を本日実施 新Warframe「Revenant」が登場

カナダのDigital Extremesは、同社が開発・運営を行うSFオンラインTPS「Warframe」について、2018年9月14日(金)に、プレイステーション4版とXbox One版に対し、アップデート「REVENANTの仮面」を実施した


REVENANTの仮面
本日実施したアップデート「REVENANTの仮面」の概要は以下の通り。

新Warframe「Revenant」登場

威厳ある戦士であり、敵の大群を変換・制御する力を持ち、自分の体をセンティエント・ライト・エネルギーの疾風に変化させて敵を殲滅する。

Revenantは、2018年にリリースされる2体目のWarframeであり、累計では36体目となる。





レベナントWarframe-能力

■エンスロール(ENTHRALL)
ターゲットを過激なスロール(奴隷)へと変換する。
スロールはダメージを与えることで味方を刺激し、虜にしてしまう。彼らは死ぬ際、ダメージを与えるエネルギーの柱(ピラー)となって崩壊する。スロールの大群は、この能力が消耗するまではレベナントに取り付かれたままである。

■メスマー・スキン(MESMER SKIN)
センティエントのエネルギーに包み込まれることで、ダメージの向きを変えつつ、果敢に攻撃してくるすべての者を気絶させる。気絶した敵は、エネルギー・コストをかけずに奴隷化できる。

■リーブ(REAVE)
センティエント・エネルギーを帯びた壁となり、スロールの中を突進する。遭遇するあらゆる相手のシールドにまとわりつき、体力を奪い取る。
スロールにとっては二重のダメージとなる。

■ダンス・マカブレ(DANSE MACABRE)
エイドロンのおびただしいエネルギー光線とともに爆発し、レベナントの周囲の者を抹殺する。向かってくる攻撃のダメージはこの光線にリダイレクト(方向転換)される。炎を保持して攻撃範囲とダメージを押し上げる一方で、エネルギーをますます消費する。この攻撃によって殺されたスロールは、回収物のオーバーシールドを残していく。


○強化ポイント
ファンタズマ・ショットガンを駆使し、Vetala Armor(ベタラ・アーマー)とVania(バニア)の代替ヘルメットを着用し、自分のKavat(カバット)をKasha Kavat Armor(カシャ・カバット・アーマー)で装備し、さらには新しいDojo Decorations(ドージョー・デコレーションズ)でプレイすことができる。




ミニゲーム「Frame Fighter」登場

Frame Fighter
光で闘うこのミニゲームは、クラシックな格闘ゲームやWarframeの長年のファンであるLocoCrazy_からヒントを得ている。闘いへの準備が済んだら、プレー可能な35体のWarframeを使い、光の疾風、ミディアム攻撃、ヘビー攻撃を敵に浴びせよう。各Warframeは独自の特殊能力を持つ。

Frame Fighterにアクセスするには、Cephalon Simarisを訪れ、スタンディングによりLudoplexを獲得しよう。ここがWarframeの全ミニゲームにアクセスするための飾り棚として新たに機能することになる。プレー可能なExcalibur、Volt、Magはそれぞれ独自のアビリティーを持つ。ゲームを通してフラグメントを発見することで、Frame Fighterのキャラクターをさらにアンロックできる。スキャンしたプライムウォーフレームがインベントリーに含まれていると、獲得したキャラクターをプライム版に切り替えることができる。

さらに、横スクロール画面で敵を粉砕するミニゲーム「Wyrmius」や、障害物を避けながら飛び回るミニゲーム「Happy Zephyr」を遊ぶことができ、2つともSimarisにある。

これらのゲームは、さらに秘密の方法で遊ぶことができるので探してみよう。



プレイヤーの方は、早速新コンテンツをプレイしてみては如何だろうか-。

(c)2017 Digital Extremes Ltd. All rights reserved.
プレスリリース文を表示