「信長の野望Online」12月13日実施予定の「『勇士の章』新シーズン開幕アップグレード ~南蛮文化到来~」第2回情報を公開 新兵器「移動式大筒」登場等を予定

2017年12月6日

株式会社コーエーテクモゲームスは、同社が運営を行うMMORPG「信長の野望Online」について、2017年12月13日(水)実施予定の「『勇士の章』新シーズン開幕アップグレード ~南蛮文化到来~」について、2017年12月6日にアップデートに関する第2回情報を公開した


本日公開した新情報を反映した、12月13日リリース予定の「『勇士の章』新シーズン開幕アップグレード ~南蛮文化到来~」の概要は以下の通り。

○「『勇士の章』新シーズン開幕アップグレード ~南蛮文化到来~」リリース
遙か南蛮(西洋)の地より伝わった新たな文化・技術により、戦国の世に起こる「変革」が本アップグレードのテーマとなっている。


■新要素「南蛮船」実装
史実と異なり、本能寺の変を切り抜けた織田信長はさらに南蛮への興味を高めていった。
さらなる南蛮技術の開発に意欲を出し、膝下である琵琶湖湖畔に、南蛮の研究施設を兼ねた南蛮船の建造を南蛮人と親交の深い高山右近に命じる。
※南蛮船へは、安土浜辺のNPC「船頭」から向かうことができる。


■新要素「南蛮遊技場(カジノ)」実装
安土の「南蛮船」内に作られた、南蛮の遊びが行える「南蛮遊技場」を実装。
その中では、「南蛮こま(ルーレット)」や「南蛮かるた(トランプ)」といったミニゲームを遊ぶことができる。
大人数で気軽に参加できるものや一人でじっくり頭を使うものなど、その日の気分に合わせて遊ぶことができる。

ゲームで手に入る「遊技メダル」は、専用の豪華景品と交換することができる。
景品としては、南蛮から渡来した珍しい「甲冑」や「武器」、遠い海の向こうの「軍神の勾玉」など、様々なものが用意されている。


■新ダンジョン「幽霊船」追加
安土に南蛮船が建造されたのと時を同じくして、日本各地に南蛮の幽霊船が現れた。
プレイヤーは、幽霊船が現れたという堺南蛮街の船着き場から幽霊船に向かう。

※ダンジョン幽霊船は、「勇士の章」アカウントのレベル71以上のプレイヤーキャラクターでないと入場できない。
※ダンジョン「幽霊船」は、今後も追加実装を予定している。


○第2回情報(2017年12月6日情報公開)
■新兵器「移動式大筒」登場
合戦場に、巨大な弾を発射することで敵陣を奪うことができる超強力兵器「移動式大筒」が登場。
しかしその巨大さのため、運搬には複数のプレイヤーの協力が不可欠となる。陣を守る側は、新兵種「投擲兵(とうてきへい)」で移動式大筒を破壊することが可能となっている。
移動式大筒の登場により、合戦場に新たな駆け引きが発生する。


■「魔導の力」導入
はるか南蛮の地に伝わる四元素(火・水・風・土)という精霊の力を凝縮し「首飾り」に施す「魔導の力」を導入。
今回の大型アップグレードより登場する新ダンジョン「幽霊船」に眠る、四元素の力を宿した南蛮の財宝「魔導器」を集めて組み合わせることで、多彩な魔導の力を合成し、強化することができる。


■新たなお供登場
南蛮の装備をまとった犬・猫や、珍しい黒い虎等のお供が新たに登場。
これらのお供を仲間にできるアイテム「きび団子」は、新シーズンアップグレードで信長コインの交換品に新しく登場する「お供出会箱・参」などから確率で入手できる。

・騎士犬
 南蛮における騎士の装備をまとった犬。窮地に陥った主人を颯爽と助けてくれる。

・魔女猫
 南蛮における魔女の装備をまとった猫。この猫が繰り出す技は、敵が手ごわいほど役に立つはずだ。

・黒い虎
 黒き毛に覆われた恐ろしげな虎。通常の虎と比較して、かなり高い生命力と気合を誇る。



詳細に関しては公式サイトに掲載されているので、プレイヤーの方はそちらにも目を通した上で、12月13日のアップデートを楽しみに待っていて頂きたい-。


(c) 2003-2016 コーエーテクモゲームス All rights reserved.