「かくりよの門」新遠征地「常夜の境・虚空 八」追加を含むアップデートを本日実施

2017年9月13日

株式会社アピリッツは、同社が運営を行うブラウザ和風伝承MMORPG「かくりよの門」について、2017年9月13日(水)13時~16時のメンテナンスにて、新遠征地「常夜の境・虚空 八」の追加を含むアップデートを実施した


本日実施されたアップデートの概要は以下の通り。

■期限イベント「天満月の共有者」開催
試練を受注・達成することで進行していく期限イベント「天満月の共有者」を開催。

イベント参加条件はメインストーリー「安房乙浜漁村」クリアとなっており、条件を満たしている場合、学園へと移動した際に、イベント物語が開始される。
イベント試練は、「逢魔時退魔学園」にいる「烏天狗・兎」から受注することができる。
※イベント試練の一部は、下記マップにいる「守衛」からも受注可能。

遠征先は、以下の2つのイベントマップに分かれている。
・浜名湖・外れ【推奨レベル10~30】
・浜名湖・深奥【推奨レベル35~50】
※浜名湖・深奥は、イベント試練を進めると入場可能となる。

イベント報酬として、「個人討伐ポイント」の累計数と、様々な試練の達成報酬の2種類が用意されている。

【開催期間】
2017年9月13日(水)定期メンテナンス~9月27日(水)13時00分


■遠征地「常夜の境・虚空 八」追加
「常夜の境・虚空」の8つ目の遠征地「常夜の境・虚空 八」を追加した。
こちらは他の「常夜の境・虚空」と同様に、「常夜印章・虚空」を使用すると入場することができる。

※「常夜の境・虚空」は、「虚空への挑戦と十干の書」をクリアすると開放される遠征地。
※「常夜の境・虚空 八」は、メインストーリーの試練「燃ゆる山」をクリアすると開放される。


■アイテム「皆伝の書(辛)」追加
十干区分「辛」に分類されている技/術のランク上限を、「拾伍」までランクアップ可能になる「皆伝の書(辛)」を追加した。
※こちらのアイテムは、「常夜の境・虚空 八」のクリアが目標となる試練の報酬となっている。



詳細に関しては公式サイトに掲載されているので、プレイヤーの方はそちらにも目を通した上で、早速新コンテンツをプレイしてみては如何だろうか-。


Copyright (c) Appirits 2014, All Rights Reserved.