「フィギュアヘッズ」4月27日に新マップ「Mountain」「防衛戦map.C」「対空戦map.B」追加を含む次期アップデート実施決定

2017年4月20日

株式会社スクウェア・エニックスは、同社が運営を行うPC用ロボットストラテジックシューター「フィギュアヘッズ」について、2017年4月27日(木)に、新マップ「Mountain」「防衛戦map.C」「対空戦map.B」の追加を含む次期アップデートを実施すると発表した。


4月27日実施予定の次期アップデートの概要は以下の通り。
○新機能
■新機能「内部装甲システム」追加
・装甲の変更
 各装甲パーツに「コスト容量」を追加。
 コスト容量が0の装甲では、内部装甲システムが使用できない。

 装甲にはスロットが2つ開いており、各スロットに「内部装甲」を装着することで、装着した装甲の性能をカスタマイズすることができる。なお、今後のアップデートで、スロット数を増やす機能が入る予定となっている。

・内部装甲
 「内部装甲」は、「装甲値」「耐熱値」「耐光値」「重量」のうち2種類が上昇または減少する。内部装甲にはそれぞれコストが設定されており、装甲パーツのコスト容量を超えて装着することはできない。
 内部装甲は、「協力戦モード」で一定確率で入手が可能となっている。


○PvP関連
■新マップ「Mountain」追加


■PvPストーリー(企業功績度システム)追加
設定している企業ガレージで対戦モードに出場することで、企業に関連した様々なアイテムを受け取ることができる。試合終了後に設定した企業ガレージの「企業貢献度」が上昇し、一定値に達することでストーリーが進行し、報酬を獲得する。


○PvE関連
■新マップ「防衛戦map.C」追加
■新マップ「対空戦map.B」追加


○ショップ関連
■新武器種「シールドガン」追加
・H11Sシールドガン(G.I.W.製)
 シールドには耐久値が設定されており、耐久値が0になると壊れる。
 シールドの耐久値は「ピット」「リペアポイント」「リペアキット(複合キット含む)」にて回復が可能。シールド展開中は、機体の装甲値・耐熱値・耐光値が上昇する。
 なお、今回販売する「シールドガン」は、重量級のみ装備可能となっている。


○その他
■「ピットでのリザーブ機体切り替え機能」追加
試合中、施設「ピット」にて「しゃがみ」に設定しているキー/ボタンを長押しすることで、リザーブ機体に切り替えることが可能となる。
機体の耐久値が最大の状態でないと切り替えができず、切り替え後は数秒間切り替えることができなくなる。
なお、切り替え中に攻撃したり攻撃を受けた場合は、切り替えはキャンセルされる。


詳細に関しては公式サイトに掲載されているので、プレイヤーの方はそちらにも目を通した上で、4月27日のアップデートを楽しみに待っていて頂きたい-。

(c) 2015,2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.